【ブルーロック 第4話】海外の反応・評価まとめ

アニメ

『ブルーロック 』のアニメ第4話が公開されました。

海外での評判は上々のようなので今回はそんな海外の反応を紹介していきたいと思います。

・『ブルーロック』4話の海外の反応の翻訳
・海外レビューサイトの評価
↓前後の記事はこちらから

『ブルーロック』4話あらすじ

チームZは、圧倒的なエゴと実力を持つ馬狼を中心としたチームXに惨敗。「自分だけの武器を持て」という絵心の言葉を受け、次の試合へ向けてそれぞれの武器を確認しあうが、潔は自分の武器を見つけられずにいた。己の武器に悩みながらも、チームX戦で感じた“ゴールの匂い”をヒントに、次なる対戦相手、チームYへと挑むのだった。

公式サイトより抜粋

海外の反応まとめ

『ブルーロック』4話の海外の反応を紹介します。

反応をまとめると以下のような反応が見受けられました。

・クニガミいいね!
・チームZがまとまってきたね!

翻訳元:reddit(Blue Lock – Episode 4 discussion)

翻訳元:MyAnimeList.net(Blue Lock Episode 4 Discussion)

『ブルーロック』4話の海外レビューサイトの評価

MyAnimeList

海外のアニメ専門のレビューサイト「MyAnimeList」では以下のような評価になりました。

Loved it!(★5)48.3%
Liked it!(★4)38.1%
It was OK(★3)10.7%
Disliked it(★2)1.5%
Hated it(★1)1.3%

参考:https://myanimelist.net/forum/?topicid=2054725&pollresults=1

『ブルーロック』 第4話の海外の反応翻訳

えーっ!?カウンターアタック!?誰がそんなこと予想できたんだ?なんて無茶な戦略なんだ

ーredditより


イサギの武器がビジョンであることは、他のメンバーや彼自身にとって、以前から明らかだったはずだと感じています。

ーredditより


サッカーを生業としている選手なのに、一般的な戦術を知らないんですね(笑)。

アニメや漫画だから大げさなのはわかるけど、いい加減にしろよ。経験豊富な選手が、相手チームのディフェンスから普通に反撃されたくらいでショックを受けるわけがない。あと、チームZって空気読めない奴ばっかなの?まともな戦略家なんて一人もいないだろ。

ーredditより

イサキが驚いたのは、カウンターを受けたというより、カウンターという戦術があったからでしょう


全員に平等にチャンスを与えるという戦略は、最初の戦略より優れているが…まだ何か物足りない。それぞれの強みを生かすのが一番だと、いつになったらわかるんだろう。

ーredditより


クニガミがツンデレだったとはな。イサギ×クニガミは腐女子に受けそうだな。

ーredditより


実在の選手への言及をもっと増やしてほしい。

ーredditより


“パスはストライカーとしての強みとは言えない”

誰かこの人にハリーケインを見せてあげて

ーredditより


MVPはガガマル!

ーredditより


いいエピソード!!チームZは徐々に前進している!

ーMyAnimeListより


チームZは、チームワークが格段に良くなっている。同点に追いついたのだから、あとは勝利を勝ち取るだけだ。

ーMyAnimeListより


今回も素晴らしいエピソードでした。クニガミとイサギの会話から、イサギのスキルが何なのか、それは「ゴールの匂いを嗅ぎ分ける」能力であることがわかりました。大事な場面で正しい判断ができる能力は、サッカーでは間違いなく大きな意味を持つ。また、チームメイトに比べて論理的な思考もできるという意味でも、彼のスキルは幅を利かせている。コーナーキックの際にニコをマークした彼の判断は、結果的に反撃を阻止することになった。その結果、アシストにもつながった。

 

このエピソードで、「ブルーロックは現実的ではない」という意見を覆すことができればと思います。大げさなのは分かっているが、もっと見てほしい。チームYは、中盤とディフェンスをコンパクトにまとめ、チームZのミスを誘ってからカウンターで破壊するパーク・ザ・バス戦術を採用した。これはトッテナム、レスターのタイトル獲得チーム、コンテのインテルなどのチームが使う非常にポピュラーな戦術だ。

ーMyAnimeListより


スポーツアニメはあまり好きではなかったのですが、このアニメはハマりそうな気がします。そのイサギとイガラシが美味しいものを探すのに必死なのが面白いです(笑)。

ーMyAnimeListより


私はクニガミが好きになってきた。

それは彼がBLEACHのいちごに似ているからではない。

チームZはチームYとの試合に勝たなければならず、主役を交代させるというアイデアは、健全な戦略のように思えます。

ただ、チームYもチームZをおびき出し、反撃の狼煙をあげて先制点を奪う作戦を立てていた。

ガガマルはめちゃくちゃスピードが出て、なんとか同点に追いついたが、危うく怪我をするところだった。イサギは、ストライカーとして必要な、状況を読み、適応する能力を持ち、チームYを動かしているのがニコであることを突き止め、チームZの勝利のためにニコをゲームから外すことにした。

ーMyAnimeListより

コメント

タイトルとURLをコピーしました