【ニーア オートマタ Ver1.1a 第5話】海外の反応翻訳まとめ

アニメ

ニーアオートマタ5話あらすじ

廃墟都市エリアにて、レジスタンスと機械生命体間の交易情報を確認。

アンドロイドと機械生命体は敵対関係にあるが、交易対象としている機械生命体には、敵性反応及び戦闘の意思が確認されていない模様。

リリィから機械生命体への素材輸送を依頼された2B・9S両名と共に、当該地域の調査を開始する。

公式サイトより抜粋

海外の反応まとめ

ニーアオートマタ5話の海外の反応を紹介します。

反応をまとめると以下のような反応が見受けられました。

  • (前回の9Sのロボット惨殺シーンをみて)今回は穏やかな9Sが見れてよかった
  • パスカルがよかった
  • アダムとイヴの存在感

翻訳元:reddit(NieR:Automata Ver1.1a – Episode 5 discussion)


“平和になったら、ここで服を買おう”

2Bと9SがデートするOVAをヨコオタロウにお願いします。


9Sが前回みたいな殺人的な暴挙に出なくてよかったよ。”おお、ロボットが一箇所に集まっているじゃないか、全部殺してしまえ!”と。

あなたが言ったことは、まさにゲームからのバッドエンディングの1つなんですよ。


パスカルの話の時に「Vague Hope」という曲を少し流してくれたのですが、とてもよかったです。あの曲は大好きです。


ロボットは毎週、一番かわいいですね。9Sはこのエピソードで大量殺戮の傾向を抑えることができたようでよかった。

アダムとイブのエピソードは、本当に何も起こらなかったのだろうけど、一日中見ていられた。今後のエピソードも楽しみです。

 

まさにその通り、(ロボットたちは)良い家族であることを今更ながらわかり、彼らを見ることは居心地の良いSlice of Life(=日常の何気ない一幕)になりますね。


まさかパスカル、エミール、カイネの3人が1つのエピソードに登場するなんて、夢でも見ているのでしょうか?


今週は、ふんどし一丁の男が二人、アダムとイブのコスプレをしながら向かい合って座っているとは思いませんでしたよ。

2Bと9Sがレジスタンスの使い走りをしているようですね。

パスカルはとても興味深いです。可愛いとさえ言える。

機械たちの生き方や考え方が、私たちと似ているのはとても魅力的です。そしてもちろん、私たちのように喧嘩もする。

アダムとイブのペアが、最後に少し服を着て「進化」しているように見えますね。誰なんでしょうね?

彼らが読んでいる本の影響だと思います。彼らが読んでいる本をチェックすれば、ヒントが得られると思います 🙂


9Sは終始、機械を殺す口実を待っていた。オルゴールを巡って争っている機械たちを殺す気満々だった。オペレーターからの電話で、殺しの気分から解放されたようでよかった。


このエピソードを見て、実際にレプリカントをプレイしに行くべきだと思いました。この番組がもっと安定した制作であることを本当に願うよ。

プレイしてみてください。

今のところ、レプリカントのフラッシュバックは2回です。特に女性の双子がもっと重要なキャラクターになったら、もっと期待したいですね。


まさかレプリカントが見れるとは………………………….すげえな

今回のエピソードで、パスカルと村にどれだけ時間を割いてくれたか、本当に嬉しい。


2Bと9Sのやり取りが好きです。もちろん、今回も最高級の音楽です。


9Sは、罪のない機械生命体を容赦なく殺した先週と違って、戦いを止めようとする姿勢が素敵です。


ゲームをご存じない方のためにエミールの記憶は、『レプリカント』のシーンであり、彼の過去が描かれている。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました